Aoiのi-smartで快適ライフ

一条工務店『i-smartⅡ』35坪の家、2018年1月完成しました。家づくりの記録・住み心地・シンプルナチュラルインテリア紹介等について書いていきます。

一条工務店 i-smartとi-cubeの違いについて【比較】

スポンサーリンク

 

一条工務店 i-smartとi-cubeどちらにしようか迷われる方多いかと思います。

 

私はi-smartで建てる予定としていましたが、最初の見積で想定以上に高く、i-cubeのほうが安価ということで、i-cubeでも見積をもらいどちらにするか検討することになりました。営業の方の話ではi-cubeのほうが安価なため、i-smartより売れているそうです。i-smartで検討していて、途中で変更する人も珍しくないとのことでした。

 

i-smartとi-cubeの違いについてですが、設備と価格の違いがあります。性能面については同等でむしろ窓が小さい分(i-cubeは大きい窓を選択できないらしい)i-cubeのほうが気密性高くなるようです。

 

 

設備について

i-smart:シンプルモダン 鏡面仕上げで高級感がある スタイリッシュ。

i-cube:ナチュラルモダン かわいい感じ。

 

i-cubeは私が気になっていたキッズカウンターがすごく似合います。i-smartにも採用できますが、合わないと思います。 

 

↓ i-smart

f:id:eiki207504:20170820010334j:plain

↓ i-cube

f:id:eiki207504:20170820010343p:plain

窓の違い

i-cubeでは大きい窓が採用できません。

以下画像はi-smartの仕様一覧ですが、このパノラマウィンドウがi-cubeでは採用できないようです。

f:id:eiki207504:20171123232712j:plain

 

価格について

一番最初の仮の間取りでそれぞれ見積もり出してもらいました。

 

i-smart:112.62㎡×207,366円=23,353,558円(坪単価:約68.5万円)

i-cube: 112.62㎡×199,804円=22,501,926円(坪単価:約66万円) 

結果、約85万円i-cubeのほうが安くなりました。

 ※北陸はFCのタカノ一条ホームとなり、直営だと通常オプション扱いの網戸、ベタ基礎が標準となっているため、割高となっていると思われます。

 

しかし、ハイドロテクトタイル外壁全面張りで、i-smartとi-cubeで価格が違い、i-cubeのほうが10万円程高くなりました。どちらもキャンペーンで安くなっているようですが、i-smartのほうが値引き率が高いようです。

 

また、ドレッサーは一番大きいサイズのものを選定しようと考えていましたが、i-smartではどのサイズを選んでも標準で採用できますが、i-cubeはサイズ大きいものだとオプション料金がかかります。

 

私が把握しているのはこのぐらいですが、ほかにも両者で 標準・オプションの差があるものがあるかもしれません。何か情報ありましたら教えて下さい。

 

以上のことから、結局価格差はあまりなくなるのではと思い、当初から考えていたi-smartに決めました。

 

まとめ

・両者の価格差は坪単価約2.5万円。オプションの価格差を加味すると思ったほど大きな価格差はない。

・少しでも価格を抑えたい、かわいいインテリアが好きだという方はi-cube。

・スタイリッシュなインテリアが好き、大きな窓をつけたいというひとはi-smart。

 

こんな感じでしょうか?

 

参考になれば幸いです。


にほんブログ村テーマ 一条工務店へ

一条工務店  
一条工務店を選んだ理由  
一条工務店 間取り紹介  
一条工務店 照明・電気配線  
一条工務店の外観・外からの見た目  
一条工務店オプション  
一条工務店*建築工事実況中!  
一条工務店&フロアコーティング  
Web内覧会*一条工務店  
一条工務店住み心地