Aoiのi-smartで快適ライフ

一条工務店『i-smartⅡ』35坪の家、2018年1月完成しました。注文住宅の家づくりに関すること全般、一条工務店の住み心地・インテリア紹介等について書いていきます。

引っ越し業者の選定、依頼してみて感じた各社の特色と見積について公開【アートvsサカイvsアーク】

スポンサーリンク

こんばんは。 Aoiです。

引き渡しまで1か月と少しになった時期に引っ越し業者の選定に動きました。

私は一人暮らしをしたことがなくてずっと実家にいたのですが、結婚を機にアパートを借りて住むことになり、その際に引っ越しを経験しましたが、知り合いにも手伝ってもらい、引っ越し業者頼らずに引っ越しましたので、今回業者に依頼するのは初めてになります。

見積比較のために一括見積依頼を実施しました。

各社に見積依頼を行って感じた特色と見積結果について紹介します。

我が家の引っ越し荷物と引っ越し日

荷物についてはざっくり以下の通りです。

①クイーンサイズベッド

②冷蔵庫

③ドラム式洗濯機

④50インチテレビ

⑤電子レンジ

⑥デスクトップPC&椅子

⑦衣装ケース2個

⑧ダンボール30箱分(大15箱、小15箱 おそらく余る?)

これで2t車1回で行けるようです。

段ボールの梱包・開梱は自分たちで行うことにしました。

 

引っ越しは1月の予定で割安になると思われる平日にしました。1月は引っ越しが一番少ない閑散期になるようで価格も抑えられるようです。 

一括見積依頼

ネットで調べるとよく目にする一括見積依頼。引っ越し初心者でどこがいいのかよくわからなかったので、とりあえず依頼してみることにしました。

私が依頼したのは引っ越し侍というサイト。すぐに反応があり、電話やメールといった営業が来ました。 

サカイ、アーク、アートの3社に週末の土曜日に来ていただいて実際の家具を見てもらい見積をお願いすることにしました。

サカイ引越センター

1社目はサカイでした。いかに自社の品質がいいか、他社の品質が疎かかということを語ってきました。

「業員数が多くすべて教育された社員で対応します。ISO9000も全社取得しています。アークやアートはフランチャイズでバイトも雇っていますので不安要素がありますよ。」

こんな感じのことを言っていました。ちなみに地域は富山県です。

 

フランチャイズは品質落ちますというのは偏見ではないでしょうか?

フランチャイズでも誇りをもって仕事しているところもあると思います。アークもアートもちゃんとした教育をしているというのも打ち合わせの中で聞きました。それに私が建てたハウスメーカは一条工務店FCのタカノ一条ホームです。今のところ非常に丁寧で満足のいく対応をしていただいております。

 

そしてサカイもバイト雇っているのを見た気がします。実際ネットで調べてみると出てきました。。

 

また、話が長い割にどういうサービスをしているのかという説明が足りなかったような気がします。

 

見積価格は税込み37,800円でした。

 

安い・・と感じましたが、あまりいい印象は持ちませんでした。 

アーク引越センター

2社目はアークでした。営業さんはたどたどしい感じであまり印象に残りませんでした。。

 

見積価格は税込み43,200円でした。割高感が否めません。 

アート引越センター

どんな梱包資材を使ってどのように引っ越しを行うかということをかなり丁寧に説明していただきました。営業さんの印象は一番よかったです。

 

見積価格は税込み27,000円でした。不安になるほどの安さでした。。一発で勝負に出た見積もりだそうです。その心意気は良いと思いました。

 

各社色々話を聞いて見積もらった結果、アート引越センターに決めました。

 

アート引っ越しセンターに選んだ理由

まずやり方としては家財を養生して傷つけないようにするというのは各社一緒なのかなと思いました。万が一がった際は保証していただけます。

f:id:eiki207504:20171222000724j:plain

 

梱包資材のサービスもどこも似たようなものでした。

 

f:id:eiki207504:20171222000415j:plain

シューズケースであったり、

 

f:id:eiki207504:20171222000446j:plain

ハンガーケース。衣服はハンガーにかけたままで当日ケースに移し替えてもらえます。

 

f:id:eiki207504:20171222000348j:plain

こちらの食器ケースはアートだけでした。これは魅力的でした。

 

あとは家具クリーンサービス段ボール提供・引き取りサービス等、サービス内容はどこも似たようなものでした。

 

そうなったときにはやり価格勝負になってしまいます。価格が一番安かったアートを選択することにしました。競合の多い業界で大変だなと思いました。

 

あとは営業さんの印象が決め手でした。やはり会社の顔は営業さんですね。 

まとめ

今回は引っ越し業社選定において感じたことと見積について公開しました。ポイントは以下の2点になります。

 

・サービス内容はどこの会社も似たようなものになってしまっている現状で価格勝負になると思いますので、必ず2社以上から相見積を取得するのが良いかと思います。1社目は「今すぐ決めてください」といった感じで来られることもあるかと思いますが、即決しないようにしましょう。

 

・引っ越しの繁忙期は3~4月で長期連休のある5月、8月、12月も忙しいみたいです。予約が取れないという可能性もありますので、引っ越し日が決まったら早めに話を進めたほうが良いと思います。

 

本日は以上になります。

↓↓引っ越し見積のおすすめサイトです↓↓

競合ひしめく業界です。最低3社以上から相見積もりを取得されることをおすすめします。ぜひご利用してみては如何でしょうか?