Aoiのi-smartで快適ライフ

一条工務店『i-smartⅡ』35坪の家、2018年1月完成しました。注文住宅の家づくりに関すること全般、一条工務店の住み心地・インテリア紹介等について書いていきます。

機能面でのデメリットなし?ストレスフリーになる三協アルミ製玄関ドアスマートキー「UBキーガル」は絶対おすすめのオプション!

スポンサーリンク

こんばんは。Aoiです。

本日は玄関ドアの鍵についてです。私は車の運転歴は12年程になりますが、当初から車の鍵はスマートキーでした。スマートキーとは鍵をポケットやカバンの中に入れた状態でいちいち出さなくても施錠・解錠ができるものです。

最初乗っていた車ではドアノブに手が触れると解錠されて車から離れると施錠されるというものでした。「今どきの車は便利なんだな。。」と思いつつ実家では普通の鍵を使っていましたので、家の鍵も同じようにならないものかと思っていました。

 

家づくりを進めるにあたって家の玄関ドアにもスマートキーがあることを知り、標準仕様ではありませんでしたが、採用しました。今回は我が家で採用した三協アルミ製玄関ドアスマートキー「UBキーガル」のレビュー記事となります。 

一条工務店オプションで採用できるスマートキーの種類

玄関ドアのスマートキーはYKKやリクシル等各メーカーのラインナップとしてありますが、我が家で建てた一条工務店ではオプションにはなりますが、三協アルミ製のスマートキーを採用することができます。以下2種類からの選択となります。

UBキーガル

鍵を身に着けているだけでワンタッチで施錠・解錠できるものです。鍵穴はむき出しとなります。価格は標準仕様外(オプション)となり6万円です。

携帯機(リモコンキー)は3個付きます。オプション5,700円で追加できます。

f:id:eiki207504:20180813155702j:plain

UBアーチハンドル

UBキーガルと比較してハンドルと一体化されており、デザイン性が向上されています。鍵穴が覆われているのでスマートですね。また、防犯性向上も担っています。価格はUBキーガルから1万円UPされて7万円となります。

f:id:eiki207504:20180813155713j:plain

我が家では大変悩みましたが、UBキーガルを採用しました。理由はUBアーチハンドルにすると価格が1万円UPする点と子供が成長したら普通の鍵を渡そうと考えているからです。(子供には悪いけれど・・。)UBアーチハンドルは鍵穴がカバーで覆われてしまいますので普通の鍵を使うと面倒くさそうです。

しかし今になって公式HPを見ているとたった1万円でこれだけデザイン性が向上しているのであればUBアーチハンドルを選択していればよかったかな。。と思っています。

使用してみて感じたメリット

荷物や子供を抱えた状態でもワンタッチで施錠・開錠できる

一番のメリットはこれです。車の中で爆睡した10kgオーバーとなった我が息子を抱えて鍵を使って開けるというのは苦慮します。アパート時代で体験済みです。

また、我が家はよくコストコに行くのですが、アメリカンサイズの品物を抱えて鍵を使って開けるのはもはや無理な話でいったん荷物を床に置いてから鍵を開けるという行為に及びます。その際に荷物に砂がついてストレスが溜まります。 

f:id:eiki207504:20180813163055j:plain

UBキーガルであればワンタッチで施錠・解錠できるため、これらの感じていたストレスがなくなりました。

特に小さなお子さんがいるご家庭の方にはおすすめします。

むしろこんな状態でいちいち鍵穴に鍵を入れて開ける。。といのはナンセンスではないでしょうか?

特に女性ではカバンの奥底に鍵があっても探さなくて良い

女性の方は鍵をカバンの中にしまう方がほとんどではないかと思います。

通常の鍵を使用していたアパート時代では妻がカバンの奥底に鍵を仕舞っていてなかなか見つからない。。これでもかというほど見つからない。。何秒かかるんだ。。ということが多々ありました。

UBキーガルでは鍵を取り出さずともカバンやポケットの中に身に着けているだけで良いのでストレスがなくなったそうです。

施錠した際の音が大きいので閉め忘れ防止になる

施錠した際には「ウィーン、ガシャン!!ピー!」といったかなり大きな音がなりますので閉め忘れ防止になります。聴覚での記憶は視覚よりも割とはっきりしており、「音がなっていないから閉め忘れた!」といった感じですぐに思い出すことができます。

ちなみに解錠したときは「ウィーン、ガシャン!!ピーピー!」となります。(解錠にここまで大きな音がいるのか疑問ですが。。)

「ピー」の回数で施錠と解錠を聞き分けできるようになっています。

閉め忘れたときもリモコンで遠隔操作できる

上述したように閉め忘れしてもすぐに思い出せるのですが、わざわざ玄関までまた出向いて閉めに行くのは億劫です。

タッチだけてなく、リモコンでも遠隔操作できるため、大変便利です。

例えば車に乗ってしまった後でもいちいち降りて閉めに行くこともありません。

f:id:eiki207504:20180813163150j:plain

↑マイカーから玄関ドアをリモコン遠隔操作で施錠しています。

また、外からだけでなく、中にいてもリモコンでの遠隔操作ができるため、閉め忘れて玄関に上がってしまった!というときもわざわざ靴を履いて鍵を閉める必要がありません。ちなみに拡張機能として室内から施錠・解錠できる操作スイッチがオプションでありますが、必要性は感じませんでした。(UBキーガル+操作スイッチでOP価格89,000円)

f:id:eiki207504:20180813163149j:plain

↑閉め忘れて上がってしまった!というときもリモコンで楽々施錠できます。

ちなみに遠隔操作の有効範囲は私の調べた限り障害物など無くして10mはありますので、我が家のようにカーポートが少し離れた場所にあっても反応してくれる可能性が高いです。

リスクの排除!防犯対策が素晴らしい

例えばカバンに入れていたりして誤操作で解錠してしまった場合でも20秒間ドアが開かなかった場合にリロック機能が働いて再度施錠されます。考えられるリスクを排除する素晴らしい機能です。

また、一方の錠がピッキングにあった場合でももう一方の錠が20秒以内に解錠されない場合にもリロック機能が働いて再度施錠されます。 

f:id:eiki207504:20180813163205j:plain

出典

【三協アルミ】玄関ドアスマートキー UBキーガル 安心 リロック機能って何?

こういったリスクを排除する機能がある点は素晴らしいと感じました。

 

唯一のデメリットは?

機能面でのデメリットはありませんが、価格が高いということでしょうか。6万円ということで一条工務店で選定できる標準仕様外(オプション)の中でもかなり高い部類に入ります。一条工務店では採用する人が多いと聞きますのでもう少し値下げしてくれるか、充実の標準仕様を売りにしているということなので標準仕様にしてくれれば良いのになと思っています。

まとめ

今回は一条工務店で採用できる標準仕様外(オプション)である三協アルミ玄関ドアのスマートキー「UBキーガル」についてレビューしました。

かなり高額オプションですが、機能面でのデメリットは感じず、これまで普通の鍵を使っていてストレスを感じまくっている方には大変おすすめなオプションです。もちろん一条工務店以外で建てられる予定の方もスマートキーの採用をおすすめします。

 

ストレスは現代社会に生きる人々にとって天敵です。こういった最新の設備を導入して少しでもストレスをなくし過ごしやすい毎日にしたいものですね

 

本日は以上になります。


にほんブログ村

にほんブログ村テーマ 一条工務店オプションへ
一条工務店オプション