Aoiのi-smartで快適ライフ

一条工務店『i-smartⅡ』35坪の家、2018年1月完成しました。注文住宅の家づくりに関すること、一条工務店の住み心地等について紹介します。

Aoiのi-smartで快適ライフ

ビール党の味方!ビアホール感を味わえるグリーンハウス製スタンド型ビールサーバーレビュー

スポンサーリンク

こんばんは。Aoiです。

私は毎晩かかさず晩酌しているのですが、ビール党で他の酒には目もくれず、ビールしか飲みません。缶ビールをグラスに移して飲むスタイルだったのですが、少しでもビールをおいしく飲みたいと思い、昨年ワンタッチビールサーバーを購入しました。

缶ビールの飲み口に直接装着することで手軽にクリーミーな泡を生成することができる優れものだったのですが、超音波発生させる部品と注ぎ口をくっつけるマグネットがはずれて紛失してしまい、ぐらぐらで使いにくくなってしまったので、いつしか使用しなくなってしまいました。 

そんなことを知ってか、先日私の誕生日にプレゼントで妻からスタンド型のビールサーバーをいただき、かなりよかったのでレビューします。 

グリーンハウススタンド型ビールサーバーの仕様

基本仕様は以下の通りです。

対応:缶:500ml、350ml、330ml、 瓶:小瓶(直径68mm、高さ242mm以内)のビール・発泡酒・新ジャンル・ノンアルコールビール

外形寸法:W145×D228×H485.6(mm)

重量:本体:約905g、保冷剤:305g

電源:単3形アルカリ乾電池/単3形ニッケル水素充電池×2本(別売り)

耐熱温度:80℃

耐冷温度:-30℃

電池持続時間目安:約1時間

材質:ABS、シリコン

保証期間:6か月

グリーンハウススタンド型ビールサーバーの特徴

超音波が生み出すきめ細かいクリーミーな泡が生成できる

f:id:eiki207504:20190216172522j:plain

ビールというのは泡のきめ細かさによって味が格段に違ってきます。クリーミーな泡であるほど以下のようなメリットがあります。

・口当たりがまろやかになる

・炭酸ガスを閉じ込めてビールが空気に触れることによる味の劣化を防ぐ

・泡が長持ちする

こちらの商品は超音波によって1秒間に4万回という速さで振動させることによっていきめ細かいクリーミーな泡を生成することができます。

保冷剤によってビールを冷却できる

f:id:eiki207504:20190216173848j:plain

保冷剤で挟み込むことで冷蔵庫で冷やしたビールの冷たさをキープするどころか時間が経つにつれてさらに冷やされていきます。8.5℃あったビールが30分で4.3℃まで冷やされます。

ビールというのはなぜか冷たければ冷たいほどのどごしが良くなりおいしく感じますね。これは本製品の最大の特徴であると思います。 

高級感のあるデザイン

f:id:eiki207504:20190216175047j:plain

黒い光沢のある塗装にところどころ金色の塗装が施されており、外観はかなり高級感を感じます。インテリアとしても、一際存在感を放つものになるのではないかと思います。来客の目につくこと間違いなしです。

かなり大きいので置き場所は考えたほうが良いかもしれません。

 

実際に使用してみた感想及び注意点について

f:id:eiki207504:20190217092932j:plain

部品は5点に分かれています。

f:id:eiki207504:20190216175335j:plain

まずは下部ユニットに冷凍させた保冷剤をセットして冷蔵庫で冷やした缶ビールをセットします。以下理由から500mlの缶ビールをおすすめします。

・美味しすぎて330、350mlではすぐになくなる

・330、350mlではサイズが小さくて装着したときにビールが跳ねる可能性がある

・小瓶はコスパが悪い

f:id:eiki207504:20190216175407j:plain

本体ユニットと上部ユニットを組み合わせて、本体ユニットから出ているシリコンチューブを缶の飲み口に挿入します。 

f:id:eiki207504:20190216175434j:plain

画像では見にくいですが、合わせ面にマークがあるので合わせて回転させて本体と下部ユニットを合体させます。

f:id:eiki207504:20190216175456j:plain

操作レバーを手前に倒してビールをグラスに注いでいきます。グラスは斜めにしてフチに沿わせてゆっくり注いでいきます。レバーを倒しすぎると勢いで泡になってしまいますので、倒しすぎないように調整して注ぐことがポイントです。

あとグラスは冷凍庫で冷やしておくと良いですね!

f:id:eiki207504:20190216175515j:plain

操作レバーを奥に倒して泡を注いていきます。こちらも倒しすぎずにゆっくりと注いでいきます。

f:id:eiki207504:20190216175554j:plain

ビールと泡の比率は黄金比7:3を目指しましょう。

最後に

今回はグリーンハウス製スタンド型ビールサーバーの特徴と使用した感想及び注意点について紹介しました。

ビアホール感を味わえるので毎晩の晩酌が価値のあるものになりました。ビール党にはものすごくおすすめな商品です。本記事が公開されるそのときも本ビールサーバーを使用してビアホール気分に浸っていることでしょう。

 ただ、すぐに壊れたというレビューがありました。保証期間は6か月しかないので不安ですね。まだ使って10日ほどしか経っていないので、この点は後日追記したいと思います。

もっと手軽なものがいい!という方はこちらのワンタッチビールサーバーをおすすめします。持ち運びにも便利です。

本日は以上になります。