Aoiのi-smartで快適ライフ

一条工務店『i-smartⅡ』35坪の家の住み心地や家づくりのノウハウについて紹介します。

一条工務店「セゾンA」ってどうなの?仕様及び坪単価・詳細見積について紹介

スポンサーリンク

こんばんは。Aoiです。

かなり近しい身内が注文住宅での家づくりを検討しており、検討の一つに一条工務店の「セゾンA」が入っています。見積を取得したということで当ブログにて紹介することになりました。

 

今回の記事では一条工務店「セゾンA」の仕様と詳細見積・坪単価について紹介します。私自身は「i-smart」で建てたので違いについても言及していきます。

一条工務店「セゾンA」の仕様

詳細見積を紹介する前にセゾンAの主な仕様について触れておきます。

 

一条工務店で人気の商品である「i-smart」、「i-cube」では木造枠組壁(2×6)工法で耐震性・気密性を確保、140mmと50mmのウレタンフォーム付加断熱工法で超断熱を実現しているのに対してセゾンAでは木造軸組(在来)工法でビーズ法ポリスチレンフォーム(EPS)の120mm充填断熱仕様です。

 

しかしながら、在来工法ではあまり見ない極太の4寸柱に予め断熱材が充填された壁パネルを現場で取り付けるという工法、桁上断熱工法、トリプル樹脂サッシを採用していることから「i-smart」、「i-cube」にも引けを取らない耐震性・断熱性・気密性と安定した品質を確保しています。

 

デザインも北欧風でかつスタイリッシュなので特に若い世代に受けがよさそうです。対してセゾンFは重厚感があり、年配世代に人気です。

構造仕様

基礎:鉄筋コンクリート布基礎(巾160mm)、防湿土間コンクリート(80mm厚)

土台:120mm×120mm 桧(無垢材)

大引:90mm×90mm 桧(無垢材)

大壁管柱:120mm×120mm 杉(無垢材)

軒桁、妻梁:120mm×240mm~120mm×360mm ダグラスファー(無垢材)

横架材:105mm×105mm~120mm×360mm ダグラスファー、桧、杉(無垢材)

防蟻処理:1階構造材・下地材(一部除く)

耐火性:省令準耐火構造仕様

外部仕様

外壁・軒天:全面防火サイディング貼(通気工法)

屋根:形状→寄棟または切妻、勾配4.5/10以下、軒出650以下

      屋根材→化粧ストレート

破風・鼻隠し:ガルバリウム鋼板

断熱材:壁→EPS(JIS特号相当)大壁120mm厚

    1階床→EPS(JIS特号相当)90mm厚

    桁上→EPS(JIS特号相当)145mm厚

外部建具

玄関ドア:断熱玄関ドア

一般開口部:樹脂サッシ(3層Low-Eガラス、防犯警報装置器、格子付)

キッチン・システムバス開口部:ブラインド内蔵樹脂サッシ(複層Low-Eガラス)

ユニット出窓:ベイウィンドウ

天井高

1階:265cm(和室:260cm、広縁:250cm、トイレ・洗面等:240cm)

2階:250cm(和室:250cm、広縁・トイレ・洗面等:240cm)

デザイン

明るくカジュアルなヨーロピアンモダン。スタイリッシュかつナチュラル感のある素材で温かみを演出。

f:id:eiki207504:20190409224347j:plain

出典:セゾンA|性能を追求する住宅メーカー【一条工務店】

性能比較 

断熱性の指標を表すQ値(熱損失係数)と気密性の指標を表すC値(隙間相当面積)を比較すると以下のようになります。

  i-smart セゾンA(夢の家仕様)
Q値 0.51W/㎡ 非公表だが1W/㎡相当
C値 0.59cm²/m² (実測値) 0.61cm²/m² (実測値)

基本情報

今回、仮の間取り図で見積を頂きました。一条工務店では仮契約(100万円支払い)しないと実際に設計スタートとはならないため、おそらく営業さんが書いたか、既存の間取り図だと思われます。

基本情報は以下のようになります。

地域:富山県

メーカ:タカノ一条ホーム(一条工務店FC)

商品名:セゾンA

建築面積:70.39㎡(21.29坪)

1階面積:68.73㎡(20.79坪)

2階面積:54.65㎡(16.53坪)

施工面積:127.52㎡(約38.5坪)

f:id:eiki207504:20190407230938j:plain

1階の間取り

f:id:eiki207504:20190407231000j:plain

2階の間取り

 

一条工務店「セゾンA」の詳細見積内訳

ここからは実際に提示していただいたセゾンAの詳細見積の内訳を紹介していきます。

合計は35,064,533円となっています。

(1)建物本体工事

合計:23,281,964円

坪単価:約602,500円

㎡単価:182,575円

計算式は以下の通りです。

127.52㎡(施工面積)×182,575円(㎡単価)

「i-smart」の坪単価は35坪で約68万円です。

(2)建築申請・その他業務諸費用

合計:348,000円

内訳は以下の通りです。

建築確認申請書費用:30,000円

建築工事手続諸費用:153,000円

長期優良住宅認定申請書費用:165,000円

(3)付帯・屋外給排水・雨水排水・浄化槽・ガス配管工事

合計:1,099,100円

内訳は以下の通りです。

屋外給水設備工事:245,800円

屋外排水設備工事:290,300円

屋外雨水設備工事:243,000円

共通仮設費:320,000円

(4)標準仕様外/太陽光発電関連工事

合計:1,514,300円

内訳は以下の通りです。

LED照明で省エネ・節電キャンペーン:111,900円

オリジナル電気ヒートポンプ温水式全館床暖房システム:746,400円

ベタ基礎:425,800円

システムバス変更(スマートバス1.25坪):159,500円

1Fトイレ手洗いカウンター:79,800円

床材変更(ライブナチュラルプレミアム)オークN-45°:376,600円

高耐震キャンペーン:-385,700円

「i-smart」では床暖房、ベタ基礎は標準仕様となっています。

(5)消費税(8%)

合計:2,099,469円

(1)~(4)までの合計に対する消費税です。

(6)その他工事

合計:5,072,300円

内訳は以下の通りです。

カーテン工事:300,000円

火災保険料:100,000円

地盤改良(枠取):1,000,000円

外構工事(枠取):1,500,000円

太陽光発電システム(10.08kW):2,172,300円

太陽光発電はかなり価格を下げてきているようです。売電額は下がっているものの、シミュレーションでは約19年で元が取れるということになっています。一条工務店のシミュレーションは厳しめに見ているため、もっと短くなると思われます。

(7)預り金清算

合計:1,649,400円

内訳は以下の通りです。

土地家屋調査士:140,000円

司法書士:90,000円

建築工事請負契約書印紙代:10,000円

追加変更工事請負契約書印紙代:1,000円

設計業務受託契約書印紙代:200円

工事管理業務受託契約書印紙代:200円

設計業務報酬:64,800円

工事管理報酬:43,200円

乗入工事:350,000円

下水道受益者負担金:450,000円

上水道引込(枠取):500,000円

まとめ:「i-smart」よりは劣るものの、引けを取らない性能で坪単価は安価だが、実態は価格メリットがあまりない

今回は一条工務店「セゾンA」の仕様と坪単価・詳細見積について紹介しました。

詳細見積についてまとめると以下のようになります。

f:id:eiki207504:20190409232626j:plain

一条工務店「i-smart」で建てた私の所感としては、「セゾンA」は在来軸組工法ながら材料・工法を工夫することで人気の「i-smart」、「i-cube」に引けを取らない性能ですが、坪単価(㎡単価)は安くなるものの、床暖房やハニカムシェード等「i-smart」では標準になっているものがオプションになりますので、価格的なメリットがあまりないという印象を受けました。

「i-smart」の価格については以下記事にて我が家の実例を公開しています。

デザイン的には人気がありそうなので(私もかなり好きです)価格メリットをもう少し出して他商品との差別化を図ればもっと売れそうな気がします。

 

価格を抑えたいという理由だけでセゾンを選ぶのは危険のような気がしますので、そのような考えの方はよく検討するようにしましょう。

 

本日は以上です。